TO RENT 空き家を賃貸にする

空き家の活用では賃貸が挙げられます。立地などにより異なりますが、需要の多い街中などの場合は転勤者や社宅として、賃貸として貸し出すメリットもあります。田舎暮らしをしたいという移住者には、新しいスタイルの借主DIY型賃貸なども双方にメリットがあります。

一般的には貸主が修繕

貸主は現状のまま賃貸(メリットは賃料を安く設定できる)
内装・設備など初期投資が必要な場合もあります。

新しいやり方として借主が修繕・DIY

①持ち家のように自分好みにできる
②実費でDIYにより賃料を安く借りられる
③退去時の原状回復費用が不要。

※借主との事前取り決めが必要。

1 貸主がリフォームして
賃貸に

親などから相続した持ち家を自分では住まずにリフォームして賃貸住宅にするケースがあります。メリットは家賃収入が確保できるという点です。一方、デメリットは家賃滞納などのトラブルが発生する場合や、借主が決まらず家賃収入を得ることができないない場合があるという点です。収入がなくても固定資産税・都市計画税は毎年課税されます。また、建物の管理にかかる費用は家の所有者が負担する必要があります。

賃貸物件はエリアによってニーズが違います。ニーズに合わせたリフォームをしなければ借主が現れずリフォーム費用が無駄になってしまうことがあります。エリアや物件の状態により家賃の相場は異なるので、相場を見極め家賃収入で回収できると思われる価格でリフォームを行う必要があります。
また、保有し続けたい高齢者の自宅などを、部分的な改修や荷物の移動を行い、新婚・子育て世代が地域に転入しやすいように新婚・子育て世代が入居可能な賃料で、住まいの一部を賃貸するための仕組み、「部分(パーシャル)賃貸」などもあります。

2 現状のまま賃貸し、
借主がDIYするDIY型賃貸

個人住宅を良好な状態で賃貸するためには、貸主が必要となる改修や管理・修繕等を行うことが一般的ですが、貸主には改修費用を独自に負担することは難しいが現状のままであれば貸してもいいというニーズがある一方で、借主(入居者)には自分の好みの改修を行いたいというニーズも見られます。貸主は現状のままで貸せて手間がかからない上、借主にとっても賃貸住宅なのに自由にリフォームでき、退去時も原則原状回復しなくてもいいという点において、双方にメリットがある賃貸のカタチです。

DIY型賃貸借の主なメリット

貸主のメリット

現在の状態で賃貸でき、
修繕の費用や手間がかからない

借主がDIY工事を行うため
愛着が生まれ
長期入居が見込まれる

明渡し時に設備・内装等が
グレードアップしている
可能性もある

借主のメリット

自分好みの改修ができ、
持ち家感覚で居住できる

DIY工事費用を負担する分、
相場より安く借りられる

DIY工事部分は原状回復義務を
なしとすることもできる

3 土地を所有したまま収益化

空き家をそのまま賃貸するのではなく、別施設として活用することもできます。いずれも改修費用を伴いますが、地域のニーズを的確に捉えることで空き家の選択肢は広がると考えます。

  • 空き家の有効活用
  • 遊休地の有効活用
  • 小予算で経営が可能
  • 安定した現金収入
  • 相続対策に有効
  • 転用が比較的に容易

例えばこんな使い方も

  • コインパーキング
  • コインランドリー経営
  • トランクルーム経営
  • 太陽光発電用地
  • 移住者に貸す
  • シェアハウス
  • 地域の人のコミュニティの場や
    福祉施設・交流施設へ転換

ご相談実例

一人で住むには広いので売却のご相談【岡山市中区】

施設入所をきっかけに空き家売却のご相談【岡山市中区】

県外にお住まいのためコロナ渦で、片付けも出来ず数年後に計画にしていた【岡山市東区】

空き家の売却・管理から活用まで
充実のサポート体制
空き家をどうしようか悩んだら、
まずはご相談を