空き家を
抱えることになったら
どうすればいいの?

What should we do

両親が亡くなった後、誰も住まなくなっている実家の処分をどうすればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 売却を検討することもあるでしょう。後悔や罪悪感で売却をためらうことによるリスクもあるので、空き家となっている実家を放置しておくわけにはいきません。思いがけず空き家を抱えることになった場合など、どのような対応が必要なのでしょうか。

郊外だからといって、売却も賃貸も

無理だと諦めていませんか?

郊外だからといって、
売却も賃貸も無理だと
諦めていませんか?

毎年のランニングコスト(固定資産税)が
家計の負担になっていませんか?

こんな方にオススメ

現在空き家を
所有されている方

・空き家(実家)を放置したままの方
・活用したいけど、片づけができずそのままで困っている方
・どう活用するのが一番いいのかわからず困っている方
・今ある空き家を売却したいが、誰に頼めばいいのか迷っている方
・空き家(実家)などが遠方のためしっかりと管理したい方

将来、空き家を所有する
(相続する)可能性のある方

・実家などを相続することが決まっている方
・相続について事前に相談したい方
・高齢の親と離れており、長期実家が空き家となるが、遠方のためサポートを
頼める会社を探しておきたい方

ご所有の「空き家」について、真剣に考える時代です。

ご両親から相続した家などを、この先どうすればいいのか決められないまま所有している事も多くなっています。
空き家は所有者の適切な管理を行っていない場合、災害や犯罪・ご近所トラブルや景観への影響などの問題になります。

まずは私たちへご相談ください。

T.omorrow では、大きく分けると
「売却する」「賃貸する」ことを
おすすめしています。
しかし、幼い頃を過ごしてきた実家をすぐに
売却などで処分しようとする場合、
少なからず罪悪感を持つ方も多いはずです。
とはいえ、売却をためらうことによるリスクも
あるので、
空き家となってしまった
実家を放置するわけにもいきません。

後悔しないために
売却前に考えること

育ってきた思い出や先祖代々所有していた土地を自分で手放してしまうことへの罪悪感と、本当に自分自身で管理ができるのかどうかを考えてみましょう。近所に実家があるのであれば、たまに立ち寄り管理することも可能です。遠方に暮らしている場合は、別荘として活用できるのか。こういったことも選択肢の一つとして考えておくことが大切です。

1

両親が他界してしまった後、空き家となった実家をどうするのか、 まずは何を行わなければいけないのか

相続の決定
登記の書き換え
境界の確定

2

実家に誰も住まない場合の選択肢

空き家のまま管理する ▶︎3
売却する ▶︎4
別荘として所持しておく
賃貸にする ▶︎5

3

空き家を管理する場合

自分で管理する(実家が近くの場合は自分で管理することも可能です)
不動産会社に管理を依頼する

4

売却する

査定をするための不動産会社選定
相続から3年以内の売却で特別控除を利用する
更地にして売却

5

賃貸にする

不動産会社に依頼する(地域ならではの情報や手法で行う)

ご相談実例

一人で住むには広いので売却のご相談【岡山市中区】

施設入所をきっかけに空き家売却のご相談【岡山市中区】

県外にお住まいのためコロナ渦で、片付けも出来ず数年後に計画にしていた【岡山市東区】

空き家の売却・管理から活用まで
充実のサポート体制
空き家をどうしようか悩んだら、
まずはご相談を